在宅ワーク 福岡のSNSアカウント
在宅ワーク福岡 SOHOパパママねっとのソーシャルメディアアカウントを開設しました。

より良いサポート体制と多くの情報発信網を準備して、在宅ワーク環境を整えていきたいと思います。今やSNS三種の神器と呼ばれるFacebook、Twitter、Googleplusで当サイトの情報を発信し、それぞれの長所を生かして皆様のサポートに努めて参りたいと思います。

なぜ、このようにあらゆる手段を使って情報発信をするのかというと、その理由はいくつかあります。
1つ目は、やはりこのサイトの存在をネット上に発信することで、在宅ワークでも健全な収入を得られるという事をもっと知っていただきたいと思っての事です。
また、このサイトの情報は何も福岡で在宅ワークを探している方に限って受信するとは限りません。

これが2つ目の理由ですが、今やインターネットサービスは企業よりSOHOに委託される事が多くなってきました。しかしまだまだ在宅ワークの方々を適切に管理し教育している組織は見当たりません。ネット上にあるのは自由登録と自由受発注のポータルサイトがほとんどです。そんなインターネット上の在宅ワーク環境の中では、このSOHOパパママねっとは、一足先を行った取り組みだと言えます。

企業が在宅ワーカーを抱え育成する事は、リスクが高いと言われます。なぜかというと雇用関係に無い場合、仕事に対する責任の所在がひとつ間違えば、個人に向いてしまう危険、そして作業を委託した企業は業務を完結できない懸念を抱き、旧態依然の雇用関係を守ろうとしています。

これを打破するのは、お互いの信頼関係以外にしかありません。

そういった意味でも、実際にお会いできて面接ができ、仕事を受注される在宅ワークの方々も何かあったら、福岡にある代表の事務所に相談に行ける環境を作る事が、何よりもこの信頼関係を支える地盤になると考えています。
そのためにも、この在宅ワーク福岡「SOHOパパママねっと」の活動や成功事例を多くのソーシャルメディアを使って情報発信し、福岡以外の地域でも同じような取り組みが進めばと思います。

まだまだ世の中の状況としては、在宅ワークに対する仕事とへの信頼性は薄く、安かろう悪かろうと思われているところも少なくありません。そのため、この構想を実現するにあたって、単に福岡だけで始めるのではなく福岡以外の地区でもSOHOパパママねっとのモデルを使った在宅ワーク支援事業が展開できないかと考えていました。

そこに、私と同じ社団法人全日本LPO協会理事であり、公認コンサルタントの武藤正隆氏(社団法人全日本SEO協会ソーシャルメディアコンサルタント)の強力を得て、札幌と新潟でも在宅ワーク支援を始めていただける事になりました。

在宅ワークを始めると人との交流が減ると思われがちですが、ソーシャルメディアを使って福岡以外で在宅ワークに取り組まれる方々や福岡以外の企業様との交流から、お仕事のスキルだけではなく見聞まで広めていただければ光栄だと思います。