在宅ワーク 福岡|大人ニキビの撃退情報館
在宅ワーク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ワークを始めてみたいと思っても、実際にお仕事をこなす時間なんてあるんだろうかと、悩まれている子育て中の主婦方は多いことかと思います。

そんな方々のために子育てや家事の隙間時間を上手に使った在宅ワークのこなし方をご紹介します。


在宅ワークライター福岡 在住福岡市内にお住まいの30代在宅ブロガーさんの場合は、お子様が2人。

朝は長女さんに6時前に起こされるそうですが、夜は在宅ワークを始める前まではお子様と一緒に休まれていたそうです。
SOHOパパママねっとに参加してからは次のような感じでお仕事をされています。

福岡市在住 30代 主婦

  • 朝、6時頃に6歳の長女さんと一緒に起床。
  • メールをチェックし、朝食の準備
  • 7時半にご主人を、そして8時過ぎに長女さんを幼稚園に送り出し、朝食の後片付けとお部屋の掃除
  • 10時頃まで次女が子供番組を見ている間に担当ブログを開き30分程度を使い記事を作成
  • 近くの公園に次女と出かけ、目一杯遊ばせる
  • お昼過ぎに帰宅後、昼食をとり3歳の次女のお昼寝
  • 13時頃から洗濯を始め、仕上がりまでに再びブログに記事を足す。
  • 洗濯物を干したり畳んだりしながらフッと思いついた記事に関連するアイデアをメモ(ちょっと休憩)
  • 15時前後に次女起床
  • 16時前に長女帰宅するのでその間に、再び仕事に取りかかる
  • 子供達がかえって来たら、様子を見ながら夕食の準備
  • 18時頃に子供達と夕食をとり20時に就寝
  • 帰宅したご主人に声をかけていただき、夕食の準備
  • ご主人が食事を終えるまでの1時間程度、仕事にかかる
  • 洗物を済ませ、22時くらいからゆっくりし、テレビを見たりしながらブログと関連するようなヒントを集める。

この方は福岡市の南区にお住まいで午前中と次女さんのお昼寝から長女さんがお帰りになられるまでの時間、ご主人が夕飯を食べられている時間やその後お休みになられるまでの時間を使って、少しずつお仕事を進められているそうです。

ブログには「下書き保存」や「予約投稿」という機能があるので、そういった機能を使い、忙しい主婦の毎日の中でもポッカリと生まれる隙間時間を上手に使ってお仕事を進められているそうです。最近はテレビや雑誌、同じ福岡市内の幼稚園に通うママ友との会話からもお仕事に繋がりそうなヒントを見つけてこられるそうです。


続いて、同じ福岡市でも中央区にお住まいの自称アラサーブロガーさんのケースご紹介します。

このご夫婦にはまだお子様はいらっしゃらないのですが、主婦の方は外勤のお仕事と併用して今回、SOHOパパママねっとにご登録されました。
週に4回ほど通常のお仕事を行う中での在宅ワークですので多少専業主婦の方よりかは時間的余裕がある方ですが、とても面白いされていますのでご紹介いたします。

福岡市在住 新人ブロガー 自称アラサーブロガー

  • 福岡市内のアルバイト先に週3〜4回出勤。
  • 出勤の無い日とお出かけにならない週末を利用して集中的にブログを書く。
  • 毎月10日くらいが在宅ワークに当てている

福岡にお住まいのこの主婦の方は、お務めにも出られていますが平日のお休みの時はSOHOパパママねっとのお仕事をされ、お仕事モードを維持されているそうです。そんな平日休みが月に4〜5回あるのでブログの更新はその時にまとめて行い、ほとんどが「予約投稿」になっています。
週末はご主人様が隔週で土曜日がお休みですので、それ以外の日はブログを書いたりSEO対策のお勉強や練習用ブログに記事を足し、スキルを磨かれています。
書きやすいお題とご自身が書きやすいテーマが一致した時には1日3記事くらいはすらすら書けるそうで、お題に繋がりそうな体験を増やすために福岡のあちこちに出かけては色んなものを見たり聞いたりしているそうです。

特にこの方がユニークなのは、福岡駅の構内を見渡しながらご自身が興味を引かれそうなものを探し、福岡市内や市外でもアクセスが良さそうな場所やイベントを見つけては週末のデートコースにしたりするそうです。先日はフッと福岡空港に行きたくなったとかでご主人を引き連れ遊びにいき、格安航空界社ピーチの受付(福岡空港第1ターミナル)を観察し、「●● 格安」というキーワード(お題)の記事に「安さの理由」というヒモ付けで記事を書かれたそうです。


福岡の在宅ワークブロガー3人目にご紹介するのは福岡市城南区にお住まいの40代主婦の場合です。この方は福岡市博多区の店舗に勤められていたのですが出産を機に退社。お子様は3歳になり「やっぱり働きたい、けれども自由なスタイルで働きたい」と在宅で出来るお仕事を探されSOHOパパママねっとにご登録されました。

このお仕事を選んだ理由としては、もともと働くのが好きなので子供が3歳になったら福岡市内、出来るならもっと近くで働きに出たいと考えていたそうですが、時間を拘束されたり残業を言われて子供を迎えにいく時間が遅くなったりするのは忍びないと思ってのことだったそうです。

福岡市城南区に住むこの方と面談を行った際にはこのようにお話しされていました。

普通のアルバイトだと通勤の費用もかかるし、保育園までの送り迎えで3カ所を移動しないと行けないので余計な出費も増えます、その点在宅ワークですとそういった出費も無く、自動時間もお仕事に充てられるので効率的かと思いました。息子も定時に迎えにいけるし、この前体調を崩した息子を迎えにいくように保育園から電話があったのですが、そういった時でも誰への気兼ねも無く迎えにいけるのが魅力的でした。